Message

壬生町担当 落合正浩・粂川紘慧・金武美和・田中明美・清水理佳

壬生町って聞くと、京都の壬生を連想する方いると思いますが、全く関係ないです!
日本一かんぴょうを生産している県は、ここ栃木県(全国98%)! 栃木県にかんぴょうの種を滋賀県から持ち帰ったのが壬生町のお殿様と言われており、栃木県かんぴょうの発祥地として、かんぴょうの実のモニュメントが神社に飾られています。珍百景、是非、見に来てください。

壬生町の特徴・特色

わが町はこんなところ!!
日本一かわいい駅名ランキング第一位は、「おもちゃのまち駅」だそうです。本町には、「おもちゃのまち」という珍しい地名があり、壬生町おもちゃ博物館、おもちゃのまちバンダイミュージアムの2館のおもちゃ収蔵数は、なんと9万5千点にもなります!明確なデータはありませんが、日本一おもちゃのある町とも言われています。冬は、おもちゃのまちのまちチャリティバザールが開催され、おもちゃ(夢)を求め、全国から本当に多くの方が壬生町へお越しになります。住むと、魅力(壬力)が普通なり、日常です。
生活・交通
一つの町に東武宇都宮線4駅(安塚駅・おもちゃのまち駅・国谷駅・壬生駅)があり、車では、北関東自動車道壬生IC、JR最寄りの石橋駅までは路線バスが運行されていて、町内は、ドアツードアのデマンドタクシー「みぶまる」が運行、今年度中には、町内巡回バスを運行予定です。どんどん便利な生活へと発展中です!
医療・福祉
将軍家の日光社参の際、宿城として使われた壬生城の城主が、将軍の命を守るため、蘭学を薦め、江戸時代より町医者が多く輩出されました歴史があります。それは連綿と現在にも受け継がれ、現在では、獨協医科大学を中心とした医療環境の充実は、全国10万人あたりの医師数全国4位、看護師数全国5位という結果からみても、壬生町に住んでいる方の安全・安心に寄せられる最も高い評価に繋がっています。
子育て・教育
本年から、子ども医療費の高校生までの無償化、小学校、中学校、高校入学前の入学準備商品券を出生時に加えて充実しました。生まれてから成人、もちろん、高齢者にも優しい町です。
また、オンラインによる外国人講師の英語授業も行い、グローバル人材の育成にも力を入れています。
その他
買い物の大注目は、本年6月にオープンした「コストコ壬生倉庫店」です!テレビでも、コストコを取り上げた番組が多く、そういった勢いのある周辺エリアでは、カインズ壬生店がオープンするなど、注目のエリアです。こちらは、区画整理事業を行っており開発中ですので、今後、様々な出店を含め、町の発展を感じつつ、楽しく生活出来るエリアとなります。
程よい地方でちょうどいい便利暮らしには、最適です。
壬生町では都市発展と合わせ、農業エリアにおいても、土地改良事業と住宅開発を同時に行っています。選択肢が多く、移住を応援する町を目指しています!!
交通アクセス
電車は、東武宇都宮線の駅が4駅もあり、北関東自動車道壬生ICがあるなど、都心からのアクセスも抜群です。壬生町は、栃木県の真ん中に位置していて、道路混雑も比較的ありません。壬生町を拠点にして、大河ドラマや映画などが撮影されたりしており、日帰りで仕事するのにちょうどいい距離感です。
壬生町の職員も、東京虎ノ門のサテライトオフィスに週に2~3日出勤しています。2拠点生活可の町です!

壬生町インフォメーション

担当部署 総務部総合政策課 企画調整係
TEL 0282-81-1813
ホームページ https://www.town.mibu.tochigi.jp/
メールアドレス sougo@town.mibu.tochigi.jp